別れさせ屋が急増している理由

別れさせ屋での依頼料金の仕組みについて

別れさせ屋での依頼料金の仕組みについて 別れさせ屋に依頼する時に気になるのが、料金の仕組みです。
最近はマスコミで採り上げられることも増えたので、ある程度の知名度はありますが、それでも別れさせ屋が特殊な仕事であることに変わりはありません。
とはいえ、料金の仕組みが分からなければ、おいそれと依頼できません。
まず、おおよその相場としては、100~200万円が一般的な金額です。
難度が低ければ、100万円以下でも成功することがあります。
とはいえ、決して安いとはいえない額です。
それでも、これだけ必要になるには理由があります。
料金の内訳は、「着手金」と「成功報酬」に大別されます。
着手金は工作員の実働費に充当され、成功報酬は契約時に定められた「成功」の基準に達していると判断できた場合に支払います。
別れさせる工作には、事前調査に数週間、工作の完了までに数ヵ月はかかります。
その内容も、素人ができるほど簡単なことではありません。
むしろ、下手にケチってしまうと、クオリティーの低下につながります。

別れさせ屋でも難しいと思う依頼とは?

別れさせ屋でも難しいと思う依頼とは? 別れさせ屋でも難しいと思う依頼についてどういうのがあるか説明していきますね。
別れされる以外に元カレ・元カノの交際相手などに復讐することや危害を加えることは、難しいと思いますし何より警察ごとになる可能性があります。
別れさせ屋に依頼する人は、何かしらの復讐心などを持っている方がいると思いますが、別れさせる以外にエスカレートするような依頼ははっきり言って難しいと言わざる得ないです。
また元カレ・元カノを交際相手から別れさせることができたとしても、別れた理由があまりにも嫌われたなど明らかに深刻な場合によりを戻すことはこれも難しいと思います。
例えば、別れ話をした時に本当に殺されそうなことをされた場合、身の危険を感じてどんなことがあっても二度と戻ろうとは思わないですよね? 別れた理由があまりにも深刻な場合、元カレ・元カノの交際相手から別れせれることは可能だとしてもよりを戻すことは可能性は低いと言ってもいいかもしれないです。
かなり現実的な話になりますが、別れさせ屋はなんでも屋でも人の心を動かす催眠術師でもないので、無理難題な依頼がくるとさすがに厳しいと言わざる得ないです。

pickup

池袋でマッサージを堪能

最終更新日:2017/8/3